So-net無料ブログ作成

独居房の室温上げ虐待=事実隠ぺい、書類偽造の疑い−職員5人書類送検・宮崎刑務所(時事通信)

 独居房の室温を上げて受刑者を虐待、さらに事実を隠ぺいするため書類を偽造したとして、宮崎刑務所は23日、職員1人を免職、3人を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。また、調査の過程で自殺した職員1人を含む5人について、特別公務員暴行陵虐、虚偽公文書作成の疑いで書類送検した。
 同刑務所は併せて、当時の所長の監督責任を問い、減給100分の10(2カ月)とした。
 同刑務所によると、2008年7月24〜25日、50代男性受刑者を独居房に入れた際、5人は受刑者を懲らしめる目的で、室内の床暖房を作動させ室温を38度程度まで上げて虐待したという。また発覚を恐れ、5人のうち1人が室温38度と書かれた書類を、28度に書き換えたとされる。
 さらに法務省福岡矯正管区が同年8月に監査した際、受刑者が当時の虐待について訴えたため、5人は共謀して、同9月に書き換えた跡がない偽造書類を新たに作成したという。
 昨年11月ごろに同管区が実施した行政調査で疑惑が発覚。職員の事情聴取を進めていた今年3月、聴取中だった1人が事件を苦にした内容の遺書を残して自殺した。
 松村明福岡矯正管区長の話 誠に遺憾で被害者をはじめ、国民の皆さまに深くおわびする。 

【関連ニュース】
不適切取材で役員ら懲戒処分=TBS
銃許可業務怠り、24人処分=94年から14年間
上司に暴言、同僚を暴行=職員を停職処分
地方異動ちらつかせ現金要求=100万円受領
逮捕の警部補、盗撮も=県警が懲戒処分

中国ヘリがまた近接飛行=沖縄沖、海自艦まで90メートル−防衛省(時事通信)
兵庫の4教会に消火器投げ込み(産経新聞)
中国艦艇10隻、帰投か 防衛省発表 沖縄通過、東シナ海へ(産経新聞)
仕事かぶる?3独法 仕分けられるか「消費者行政」(産経新聞)
<ハッブル宇宙望遠鏡>星の誕生現場の写真公開 20年記念(毎日新聞)

間寛平さん アースマラソン一時中断 米で治療(毎日新聞)

 マラソンとヨットでの世界一周「アースマラソン」に挑戦中、前立腺がんが見つかったタレントの間寛平さん(60)が、現在通過中のトルクメニスタンでマラソンを一時中断し、アメリカで放射線治療を受けることになった。アースマラソン制作委員会が、15日発表した。

 間さんは一昨年12月大阪を出発、今年1月にトルコでがんと判明した。その後も薬を飲みながら走り続け、今月14日にイランからトルクメニスタンに入った。

 間さんは「完走するために決めました。早く、走る姿をみんなに見てもらえるよう頑張ります」とのコメントを発表した。【長沢晴美】

【関連ニュース】
間寛平さん:イラン映画に主演 世界一周中に
間寛平:「完走するために決めました」アースマラソンを一時中断 前立腺がんの放射線治療で
沖縄国際映画祭:「ラン アンド ラン」ビーチで上映 間寛平さん、中継で登場
間寛平:イランのTVでもアヘアヘしまくり
間寛平:アースマラソン 北米大陸横断に成功 NYで「めちゃめちゃうれしい」

駅でエレベーター停止、11人閉じこめられる(読売新聞)
村木被告「(検事に)腹が立った」と涙 郵便不正公判 第17回詳報(産経新聞)
近所住民「まさか…」 堺の1歳児死亡、また虐待か(産経新聞)
<絵はがき>正岡子規の孫、子規の叔父・加藤拓川コレクションの一部公開計画 (毎日新聞)
【無名録】「高売り宣言」でNo.1(産経新聞)

手塚治虫文化賞大賞に山田芳裕さん(時事通信)

 第14回手塚治虫文化賞(朝日新聞社主催)は18日、マンガ大賞(賞金200万円)が山田芳裕さんの「へうげもの」(講談社)、新生賞(同100万円)が市川春子さんの「虫と歌」(講談社)、短編賞(同)がヤマザキマリさんの「テルマエ・ロマエ」(エンターブレイン)、特別賞(同)が漫画評論家の故米沢嘉博さんにそれぞれ決まった。授賞式は5月28日、東京・築地の浜離宮朝日ホールで。 

【関連ニュース】
テレ朝系列局にニュース配信=朝日新聞
木村伊兵衛写真賞に高木こずえさん
平成電電広告掲載「不法でない」=新聞社側が勝訴
朝日新聞、新潟日報に印刷委託へ
大佛次郎賞に石川九楊氏

JR西社長、再発防止策を報告=国交相「定着が大事」−報告書漏えい(時事通信)
ライター規制で子供対策=5月中にも安全基準策定−不便さ、敬遠の懸念も・経産省(時事通信)
地下鉄30本運休、7人転倒・搬送…春の雪(読売新聞)
<八王子2人殺傷>無期を懲役30年に減刑 東京高裁(毎日新聞)
中国での消化器領域のラインナップ強化へライセンス契約―エーザイ(医療介護CBニュース)

「子どもの泣き声聞こえた」=女の怒鳴り声も−大阪1歳女児虐待死(時事通信)

 大阪府寝屋川市で1歳の女児が両親に虐待され死亡したとされる事件で、傷害致死容疑で逮捕された父親の岸本憲(26)、母親の美杏(27)両容疑者が当時住んでいたマンションの部屋から、子どもの泣き叫ぶ声や、女の怒鳴り声がしていたことが10日、近隣住民などの証言で分かった。
 府警捜査本部は、死亡した三女瑠奈ちゃんに対する虐待の実態などについて詳しく調べている。 

【関連ニュース】
死亡女児に健診受けさせず=虐待発覚恐れ?姉妹3人は受診
虐待の疑いで両親逮捕=1歳女児死亡、容疑否認
パトカー追跡の車が事故=2人けが、運転手を逮捕
東京消防庁職員を逮捕=酒に酔って駅員暴行容疑
警官切り付けられ軽傷=包丁男逮捕、知人もけが

<橋田賞>連続ドラマ「JIN−仁−」など受賞(毎日新聞)
【関西あれこれ アニバーサリー】虹のまち 開業40年(産経新聞)
サクラ満開予想、近畿は寒の戻りでずれ込む(産経新聞)
<電動車椅子>オートバイに追突され男性死亡 大阪(毎日新聞)
「政治家にあるまじき発言」平松大阪市長、橋下知事を批判(産経新聞)

築地のマグロ競り見学、8日から1か月中止(読売新聞)

 東京都は6日、築地市場(中央区)のマグロの競り売り場について、今月8日からの約1か月間、観光客の見学受け入れを中止すると発表した。

 都によると、通常の見学客は1日平均で約200人だが、5日には500人以上が殺到。2年前に場内の通路を仕切って仮設した見学スペースは、一度に80人程度しか入れないため、安全確保が難しくなったほか、売り場の外にまで列ができ、業者から苦情も寄せられたという。

 見学者のほとんどは外国人。来場者急増の背景について「桜の季節で来日が多くなっているのに加え、大西洋クロマグロの禁輸問題が注目された影響もある」と都の担当者は分析する。

 都は、大型連休に向けて日本人観光客も増えるとみて受け入れ中止を決めた。再開予定は来月10日。競りの見学を巡っては、年末年始をはさんだ繁忙期の受け入れをすでに中止している。

何かに光を当てる醍醐味 工作家・中島麻美さん(産経新聞)
<もんじゅ>運転再開に反対声明 原子力工学専門家ら33人(毎日新聞)
平沼氏ら、10日新党旗揚げへ=鳩山邦氏は参加見送り(時事通信)
オウム名指し、国家公安委で懸念も(読売新聞)
福井の荒島岳 男性遺体発見(産経新聞)

「自立、自律、自浄」を−国立がん研究センター・嘉山新理事長(医療介護CBニュース)

 独立行政法人国立がん研究センターの理事長に4月1日付で就任した嘉山孝正氏は同日、職員に向けて同センターの将来ビジョンについて告辞した。この中で、嘉山理事長は「独立行政法人というのは『自立、自律、自浄』、これをやっていかないと、その組織はアウト。あなた方が自分で立って、自分で律して、自分できれいにしなければ、この組織は要らない」と強調した。

 嘉山理事長は同センターの基本プリンシプルとして、▽がん患者さんに起きる医学的、社会的、精神的問題等を解決する組織▽世界トップ10のがん研究・医療の展開▽定員枠にとらわれず、業務内容による人員配置と広い人事交流▽正規職員の増員-などを列挙。
 また使命として、調査や研究、先進医療の提供、教育、政策立案など7項目を挙げた。このうち、政策立案については、「現場から問題を抽出して、厚生労働省にアイデアを上げるのがわれわれの役割」と強調した。

 嘉山理事長は最後に、「患者さんとその家族のためにあるということを根本において日々活動をしながら、世界のトップ20でも10でもいいが、そこを目指すというのが独立行政法人国立がん研究センターの在り方」と自らの描くビジョンを説明し、職員らに実現に向けた協力を求めた。


【関連記事】
NC独法化後の業務方法書案や償還計画案などを了承
事業仕分け第2弾、4月下旬と5月下旬に実施へ
独法の事業仕分け、PMDAを含め「聖域なし」―枝野行政刷新相
ナショナルセンター独法化で中期目標などを議論
国立高度専門医療センター改革案を提示―独立行政法人ガバナンス検討チーム

首相の元金庫番、力無く陳謝「力を見せたかった」(読売新聞)
核先制不使用は「時期尚早」=防衛研が10年版戦略概観(時事通信)
普天間移設 決まりがなければ何でもあり…か?(産経新聞)
<掘り出しニュース>「昭和ロマン博」、映画セットで再現 福島・南相馬(毎日新聞)
「処理追いつかず」申請書放置、茨城県係長停職(読売新聞)

首相動静(3月26)(時事通信)

 午前7時43分、公邸発。「北沢防衛相と沖縄県の仲井真知事が会談するなど、普天間問題の実質的協議が始まったが」に「政府案を今月末までに決める段取りの説明などをスタートさせた」。同45分、国会着。同46分、院内大臣室へ。同50分、閣議開始。(了)

<クリスタルキング>解散発言での賠償請求を棄却 東京地裁(毎日新聞)
足利事件再審無罪 菅家さん「感無量」 逮捕から6689日「自由」(産経新聞)
【麗し大和・記者の裏話】(13)謎がオモシロイ 海龍王寺あれこれ(産経新聞)
シー・シェパード 監視船が下関入港 水産庁が調査(毎日新聞)
強姦致傷被告に懲役21年、裁判員「涙が出た」(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。